SNSではプライバシーをしっかり守ろう!


便利なSNSとうまく付き合おう

その手軽さや便利さが魅力のSNSは、もはや現代社会では当たり前のツールになりました。誰でも好きな時に好きな事を発信できるので、情報を共有したりする為にもとても便利です。しかし、そのSNSとうまく付き合っていくには、プライバシーはしっかり守っていることがとても大切です。

アップする写真には要注意

写真をアップする際に、少し立ち止まって考えるようにしましょう。その写真に、友人たちが一緒に入っている場合、SNSにアップしてもよいか確認をしてからアップするようにしましょう。もしその友人がその場所にいることが内緒だったら、SNSにプライバシーな一面をアップすることに否定的な考えだったら、どうでしょうか。安易にアップするとトラブルの元になってしまいます。また、子供たちと一緒に遊んでいる光景を写真に撮ったら、その可愛さについアップしてしまいたくなりますが、この場合も確認が必要です。自分の子供の顔はSNSには載せたくないと考える親もいるからです。友人の子供の顔は何かスタンプで隠したりするなど、配慮をするようにしましょう。

場所を特定できるフレーズには要注意

SNSでは気軽にコメントを呟けますが、防犯面でも自宅や職場がすぐに特定できるようなフレーズを発することは避けましょう。駅名や近所で有名なお店の名前などは、自宅などプライバシーに関わる場所の特定に役立つフレーズです。SNSは開かれたコミュニケーションツールなので、不特定多数の人が見ることができます。コメントを作成したら、アップする前に一呼吸おいて見直すようにしましょう。

機密文書は、自社の関係者以外に漏れると大きな不利益が生じる情報などを含む文書のことです。漏れた場合の影響度によって、極秘文書、秘文書、社外秘文書の3通りがあります。