社員研修は年間のプログラムが重要!個人の腕前を上げるには


社員の育成は計画立てて行おう

新入社員から始まって、若手・中堅・幹部まで社員研修は重要です。研修によって個人の腕前を上げ、その集合体で会社は発展していきます。社員は全員が単なる労働者ではなく、会社の財産なのです。社員が成長することが会社の利益につながります。さて、社員全員のレベルアップをはかるにはどうしたら良いのでしょうか?やはり教育は目的をもって、計画立てて進めることが必要です。個人個人に目的意識を持たせ、課題も与えながら研修を行いましょう。又、年間のプログラムを作成することも重要で、基礎から応用まですべてが身に付くように管理をします。人事担当者は、社員一人一人のレベルにあった研修を計画して、実施しましょう。

eラーニングを活用しましょう

しかし、大手の企業になれば社員の人数も多く、人事担当者がすべての社員の力量を把握するのは大変なことです。実際に顔と名前すら一致しない場合が多いと思います。又、研修の場所の確保や講師の選定、社員のスケジュール調整も非常に手間がかかります。そこで、近年多くの企業が取り入れているのが、eラーニングによる研修です。インターネット環境にあれば、だれでも同時に受講することが可能で、隙間時間に研修を受けることができます。画像による研修やテストも行え、場所や講師の確保も必要ありません。特にeラーニングの優れた所は、人事担当者が社員の研修受講履歴や習熟度を一括管理できる所です。繰り返しになりますが、会社の発展には社員全員のレベルアップが重要です。一人一人の力量を把握して、計画的な研修を行いましょう。

管理職研修は、部下の適切な指導方法を学ばせたり、企業の重要なポストを担う人材しての自覚を持たせたりするために重要な取り組みのひとつです。